We are Buell

2010.05.18

コース下見

今回ご紹介したいのは、長野県の八ヶ岳にソロツーリングした時のご報告です!と言いたくなるのですが、実は仕事で息つく間もなく走り回ったお話です。

前回の投稿でレスキューユリシーズをご紹介させていただきましたが、今月さっそく100kmというとてつもなく人間離れした距離を走る「ウルトラマラソンマラソン」での救護へ出動することとなりました。
マラソンでの救護活動では、ユリシーズにAEDを搭載し、傷病者が発生した際には現場へ駆けつけます。そのため事前のコースの把握、最短距離で各現場にたどりつくためのルート確認はとても重要なのです。

今回は八ヶ岳がその舞台となり、主催者曰く「全国でいくつか開催されているウルトラマラソンの中でもかなりアップダウンが大きいので、過酷なコース設定になっている」そうで、クロウト好みの大会とのことです。
コースの中には約10kmにも及ぶ林道まであり、「ユリシーズの出番だ!」と力んで本日下見をしましたが甘かったです。砂利道やグチャグチャのぬかるみ、倒れた木で遮られた車道・・・本当に傷病者が発生し要請があった場合にのみ決死の覚悟で行くことにして、それ以外の場合は極力進入を避けようと決断しました・・・。情けないのですが、自分が転倒して2次災害になる可能性大、です。

バタバタと1日走っていましたのでなかなかいい写真を撮るタイミングを逃してしまったのですが、南相木村にある「南相木ダム」に立ち寄ったので(道を間違えて迷い込んだのですが・・・)写真をご紹介します。
100518.JPG
壮大なスケールで石畳の遊歩道があり、とてもきれいで圧倒されました。「滝見の湯」という温泉旅館のすぐ近くで、「馬越峠」という今回のコースの最大の難所の近くでもあります。

・・・そういえば今日、馬越峠を越えて野辺山方面に走っていたら、ビューエルライダーに出会いました。2台でサッと横を走っていかれたので顔まで確認できませんでしたが、2台ともLightningでした。とくに挨拶を交わしたわけでもありませんが、とても嬉しい瞬間でした。

今度は仕事ではなく、プライベートでツーリングを楽しみたいと思います。

担当: QQ-F

We are Buell Buell RIDERS

最近ネームプレートが追加されたBuell RIDER

歴代Buellをチェック

DOWNLOAD

あなたのブログに歴代Buellのスライドショーが楽しめるブログパーツをはりませんか?
ダウンロードページへ

ARCHIVES