We are Buell

2010.02.04

ウチのBuell保管

100204_1.JPG
こんにちは、ミヤナカです。
今回は我が家でのBuell保管方法についてお話ししようかと思います。

残念ながら現在の日本では、バイクの盗難が非常に多く、自分の周りでもたびたび発生しており、ほんとに気の毒に思います。 

よく言われることですが、僕はドロボーが盗む気が起きない状態での保管を心がけています。 ウチの前は交通量が少なく、袋小路になっているため、不審者がいる場合はすぐにわかるので盗難の心配は比較的少ないと言えます。 

そんな中でも万が一を考え以下のように万全の防衛策を取っています。

①車の駐車場の後ろになんとかバイク1台が入るスペースがあるので、差し込む。
②ハンドルロック+バイクカバー+チェーン 
③バイクの後ろに「何か」を置く
④最後は観葉植物で飾る。
⑤長期乗らない時などは操作系の部品を一つ外しておく。

①は環境的に得している部分ですが、車でフタをされればまず盗れません。
押して持っていくことができない場合、ドロボーは大人数で運ぶかクレーンを使いますが、狭い場所に保管することで、それも防ぎます。

②は基本です。これのどれか一つでもやっていなければ、盗られる可能性はぐんと高くなると思います。 カバーの存在は大きく、雨風から守ってくれるだけでなく、バイクの存在を隠してくれます。チェーンは小さくても固定物と結べるものを使っています。 

③ドロボーが盗る時に一手間を予感するものを置きます。 特に何かは決まっていませんが、最近では田舎から送られて来たネギやらみかんの箱を積んでいます。

④最後に近づくのを躊躇するような一品で締めます。
普段はいかついサボテンを1鉢置いているのですが、最近枯れてしまいました...。

⑤はブレーキレバーが一番効果があると思います。
あとはシフトロッドですかね。

100204_2.JPG

どうですか? 盗る気失せません?

これだけいろいろやっていると、出すことすら億劫になってしまうかと思われますが、慣れてしまえば2分もあれば表に出せます。 
また、「盗られないための作業」ではなく、「盗れるものならどうぞ」といった気持ちでやってると、意外と苦に感じないものです。

更にはイモビライザーを付ける、アラームを付ける、防犯カメラを付ける等の方法はありますが、あまりお金がないので上のような保管をしています。

皆様も盗難にはくれぐれもご注意を!

担当:Miyanaka

We are Buell Buell RIDERS

最近ネームプレートが追加されたBuell RIDER

歴代Buellをチェック

DOWNLOAD

あなたのブログに歴代Buellのスライドショーが楽しめるブログパーツをはりませんか?
ダウンロードページへ

ARCHIVES