We are Buell

2010.01.23

サスペンションセッティング

"磨く楽しみ"を知らないがために、普段社内外で「世界一汚い」という汚名を授かっている私の9SXですが、フロントフォークのオイル漏れという放置できない問題が発生してしまいました。

ちょうどそんなタイミングで、以前Buellサーキットトライアルというオーナー様向けのサーキットイベントに出展していただいた元カロッツェリアジャパン(OHLINSの日本輸入代理店)の方が、独立してサスペンションの専門ショップを立ち上げたとのご連絡をいただいたので、ご挨拶も兼ねてお邪魔してみました。

お店の専門はオーリンズサスペンションというだけあって、前後オーリンズが入ったスーパースポーツのお客さんが並ぶ中、オイルの漏れた"汚い"車両はさすがに恥ずかしかったのですが、パーツが揃えばBuell純正のショーワ製サスペンションもオーバーホールの対応をしていただけるということで、高嶺の華の金色サスペンションを横目に、地味ではありますが純正サス再生&セッティングをオーダーしました。
SBSH0214.JPG
まず納車後の感想ですが、これまでサスセッティングといえば"とりあえず最強/最弱からの微調整"というぐらいで、あとは体でカバー!という勢いだったのが、よく雑誌記事で読む"タイヤを潰す感覚"がわかるようになり、しかもブレーキコントロールまでより繊細に伝わってくるようになり、バイクを操る上での新たな楽しみが生まれた半面、奥の深い世界に引き込まれそうで困っています・・・・・

サスセッティングについては、かの"もて耐"で優勝した実力と二輪誌のライターの経歴を併せ持つ代表の舟橋さんが、自らしっかり試乗した上で、車両特性+オーナーの嗜好を考慮に入れつつプロの視点でトータルベストバランスをわかりやすく提案していただけたので、ほとんど素人の私にも今後の"サスセッティングの基準"を作っていただけたのは非常に大きな収穫でした。
また、ノーマルサスでもセッティング次第でここまで乗りやすくなるということを実感できたのも、Buellの素性の良さを再認識する上でまたとない体験でした。

これを機に、"世界一汚い"という汚名を"汚いけど乗りやすい"位に微修正してもらえることを目指そうと目論んでいます!

サスペンションセッティングでお悩みの方はサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?
サスペンションサービス G sense : http://gsense.jp/

担当: webmaster

We are Buell Buell RIDERS

最近ネームプレートが追加されたBuell RIDER

歴代Buellをチェック

DOWNLOAD

あなたのブログに歴代Buellのスライドショーが楽しめるブログパーツをはりませんか?
ダウンロードページへ

ARCHIVES