We are Buell

2009.12.08

僕流サーキット練習法

Diceです。
さて、早速ですが一つ質問です。
もしあなたが、「オートバイで速く走る上で、一番難しいテクニックとはなんですか?」と聞かれたら、なんと答えるでしょうか?
「立ち上がりのアクセルワーク」とか「コーナーでのアプローチ」「コーナーでのライン取り」など、人によって色々なのではないでしょうか。

ちなみに僕は「コーナーに侵入する時のブレーキング」が難しいと思います。
直線でガーっとアクセルを開けて飛ばすのは気持ちいいけれど、アクセルを戻すタイミング、ブレーキをかけるタイミング、ブレーキをかける強さ、ブレーキを放すタイミング、これらのどれもイマイチ自信がもてません。。。じゃあ、ギリギリまで攻めていて、もういっぱいいっぱいなのかというと、一緒に走っている上手い人はコーナーの入り口でアウトからスパーンと僕を抜いていくので、そんなことは無いようです・・・。

ここで、ちょっとだけコツがわかった気がする(あくまで「気がする」)僕流コーナー進入ブレーキング練習方法を披露します。(これでコケても責任は取りません。笑)

  1. 1. まず、自分で「そこそこ飛ばしている」ペースでのブレーキングポイントと握る力、リリースポイントを覚える。
  2. 2. 次に、ブレーキをかける位置と放す位置は同じで、握る力を少しだけ抜いてみる。
  3. 3. その「ちょっとだけ速いコーナーへの進入速度」に慣れたら、今度はブレーキをかける位置を少しだけ奥にずらしてみる。
  4. 4. これを繰り返す。

まあ、でも僕にとって一番良い練習は、上手な人と一緒に走って、ビクビクしている自分の横を、凄いスピードでスパーンと抜いてもらうことでしょうか(笑)。「同じようなタイヤなのにあんなに突っ込めるんだ」と思うと、肩の力が抜けていくのです。

そういえば、2009年から採用されている、8ピストンのZTL2ブレーキはとても良いですよ~!6ピストンのZTLブレーキから乗り換えると、ブレーキパッドの食いつき感というか、安定感が全く違います!それだけで2010年のXB12Rに乗り換えたくなってしまいました。懸念していたバネ下重量の増加も、全く気にならなかったですし、このキャリパーはお勧めです!
ztl2.jpg
みなさんも、もしよろしければ自分の得意なところ、苦手なところ、俺流練習法などコメントしていただければ嬉しいです。

生産、開発が終了してしまったBuellですが、部品やサポートはバッチリ継続されますので、皆さんも安心してスポーツライディングしてくださいね!

それではまた!

担当:Dice

We are Buell Buell RIDERS

最近ネームプレートが追加されたBuell RIDER

歴代Buellをチェック

DOWNLOAD

あなたのブログに歴代Buellのスライドショーが楽しめるブログパーツをはりませんか?
ダウンロードページへ

ARCHIVES