We are Buell

2009.09.18

Buell購入のきっかけ

kikuchi_03.JPG

僕が最初にBuellを見たのは学生の頃、たぶんS1ライトニングだったと思います。信号待ちしているところを後ろから見ていたのですが、リアフェンダーにナンバープレートをくっつけて、アイドリングに併せてぶるぶると震える様は、それだけでも十分すぎるインパクトでした。家に帰ってBuellの記事が掲載されている雑誌を読みふけっていたことを今でも覚えています。

それから数年後、偶然ではあったのですが、ビューエルを取り扱うハーレーダビッドソンジャパンに入社。当時のインパクトが忘れられず、すぐにX1ライトニングを購入しました。2001年モデルのアークティックホワイトです。フレームとホイールがヌークリアブルーという半透明の紫っぽいカラーのインパクトのある外観でした。

早速あちこちでかけたのですが、実際に乗った際のインパクトは見た目以上!! 狂ったような「速さ」はないですが、他のバイクにはない怒涛の加速と文字通り「クルッ」と曲がる感覚。なにより「これぞアメリカン!!」という、鼓動にシビれちゃいました...いろんな意味で。(笑)

あまりに楽しくて、金曜日の夜の仕事帰りにふと思い立って、「下道で日本海を見に行こう。」などという、アホな乗り方をしたのには自分でもびっくりです。

Buellとは「他のバイクにはないトルクと鼓動感。そして重心の集中化がもたらす扱いやすさ」。なんか広告っぽくなっちゃいますが、でも間違いなく僕がBuellにハマった理由です。でももっと端的に言ってしまえば、きっと「乗って楽しいから」に尽きるんでしょうね(笑)

その後、XBとなり、さらに楽しくなったBuellをファイアーボルト、ユリシーズ、と乗り続けて8年間、僕がBuellに感じる魅力は今も変わらず、そして色褪せません。

担当:kikuchi

We are Buell Buell RIDERS

最近ネームプレートが追加されたBuell RIDER

歴代Buellをチェック

DOWNLOAD

あなたのブログに歴代Buellのスライドショーが楽しめるブログパーツをはりませんか?
ダウンロードページへ

ARCHIVES